基礎UML

ラダーアプリの大きさがどんどん大きくなり、全体が把握出来なくなり、クラス設計図を書く必要が出てきた。そこで、UMLを勉強しようと思い、基礎UMLという本を読み、自分でも書いてみる。で、それを見ながら、アプリを動かすときにどういう処理をするか考える。

基準は「実装の量が少なくなるか」よりも「あとから見てわかりやすいか」を重視。だいたいまとまったので実装を始める。

コメント

このブログの人気の投稿

Swiftのコンパイルエラー寄せ集め

Swift2.2からSwift3.0への変換を行ってみて

AVAudioSession細かいことまとめ(late 2014)