CGContextDrawPathに与えるパラメータについて

CGContextDrawPathに与える2つめの引数について調べました。
2つの角丸四角形のパスを書いてからCGContextDrawPathを実行してます。

名前に出てくるEOというのはEven-Oddの略です。Even-Oddというのは偶数・奇数のことです。重なった部分はいくつのパスが囲っているかを調べ、奇数の時は塗る、偶数の時は塗りません。

kCGPathFill
内部を塗ります。



kCGPathStroke
輪郭を書きます。



kCGPathFillStroke
内部を塗って、輪郭を書きます。



kCGPathEOFill
内部を塗るが重なった所は奇数遇数ルールに従う。



kCGPathEOFillStroke
内部を塗って、輪郭を書くが、重なった所は輪郭は書いて内部は奇数遇数ルールに従う。

(追記)
SwiftではCGPathDrawingModeになりました。

コメント

このブログの人気の投稿

Swiftのコンパイルエラー寄せ集め

Swift2.2からSwift3.0への変換を行ってみて

AVAudioSession細かいことまとめ(late 2014)