Mac Fanの表紙が動きます(Mac Fan X ARART)

Mac Fanの表紙が動きます。
Mac Fan (マックファン) 2013年 06月号の表紙がアマゾンで見れるようになりました。表紙の前田敦子さんの右肩あたりに

表紙が動き出す!!
iPhoneアプリ「Mac Fan X ARART」で表紙を覗いてみよう


という文字が見えます。どういうことでしょうか?

このARARTとは
iPhoneのカメラで取得した映像がディスプレイの中で動き出す
というアート作品です。
例えば、花のつぼみの絵にカメラを向けてディスプレイに映すと、アプリの中でその映像を分析し、つぼみの位置のところを開花する花の動画に変換し表示します。ユーザーには現実の世界(つぼみ)とは違う別の世界(開花の様子)がディスプレイの中に見えます(まあこの拡張世界をどううまく作るかはセンスが必要ですが)。


下のが公式のビデオです。


ARARTチームはいろいろな会社の宣伝活動に技術を提供しているようです(たぶん)。

今回、このARARTがMac Fanの表紙で体験できるようになります。
Mac Fanの表紙用に作ったアプリ「Mac Fan X ARART」をダウンロードして紙面に向けて実行すれば出来ます。

Mac Fanがどのような世界を用意しているかは見てのお楽しみということで、とりあえずこのARARTというのをやってみます。

アプリはこちらで取得出来ます。(Mac Fan + ARARTのアプリとは別)
ARART

やり方は
  1. アプリをダウンロードとインストール
  2. 絵画が置いてあるサイトを表示
  3. アプリを実行
です。
詳しく説明していきます。

アプリをダウンロードとインストール
アプリを起動後に追加でインストールするデータがかなりあります。そちらは回線に余裕のある環境でダウンロードしてください。

サイトを表示
パソコンでこちらのサイトを表示します。
http://arart.info/museum/
絵を紙に印刷してもアプリを実行できます。

アプリを実行
アプリを起動するとカメラ機能が有効になり、画面にはカメラに取り込んだ映像が表示されます。
まずは絵画が画面に入るようにして下さい。停止させた状態で少し(1〜2秒)経つと動画が始まります。
無理な体勢で全部の絵画を見ていくと手が疲れるので、楽な姿勢で見れるポイントを初めに決めておくのがお勧めです。
画像認識はかなりよいの精度です。絵の大きさがiOSデバイスの画面の半分くらいを占めるようにすればうまくいくでしょう。腕による調整がしやすいように出来るだけ大きく絵を表示するのがいいと思います。ブラウザの拡大ボタンでも大きくなるようですし、pdfをダウンロードして大きい状態に表示しておくなどのやり方がいいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

Swiftのコンパイルエラー寄せ集め

Swift2.2からSwift3.0への変換を行ってみて

AVAudioSession細かいことまとめ(late 2014)