AVQueuePlayer

AVQueuePlayer
AVPlayerのサブクラス。
複数のアイテム(曲)を登録しておき一度の指令でそれらを連続再生出来る。
インスタンス生成時、または生成後の初期化時に、AVPlayerItemを含んだNSArrayを渡す。
再生途中に他のアイテムの追加が出来るのがすばらしい。再生が途切れることがない。
seekToTime:という指定した場所に再生場所を移動させるメソッドがある。これはAVPlayerから継承している。このメソッドでの指令の仕方の時間は1曲目の頭からの時間ではなく、その曲の頭からの時間。つまり5曲目再生中にseekToTime:で5秒を指定すると、5曲目の5秒のところに移る。

インスタンス作成
queuePlayerWithItems:

曲追加
insertItem:afterItem:

プロパティ
currentItem
これはAVPlayerから継承。割り込みによる停止中でもnilにはならない。
全部の曲の再生が終わるとnilになる。

AVPlayerItem
インスタンス生成時、または生成後の初期化時に、NSURLかAVAssetを渡す。


AVPlayer

CMTime time = CMTimeMake(1800, 600);
CMTimeGetSeconds(time)

コメント

このブログの人気の投稿

Swiftのコンパイルエラー寄せ集め

Swift2.2からSwift3.0への変換を行ってみて

AVAudioSession細かいことまとめ(late 2014)