Reachability 3.5

iOSアプリ内でネットワークの情報を取得するReachability 3.5を使用した際の感想。
Reachabilityの情報はWeb上にいろいろありますが古いバージョンの情報になっている場合もある。今回3.5を使用してみました。

Reachability.h
Reachability.m
をプロジェクトに追加

#import "Reachability.h"
のimport文を追加

- (BOOL)checkNetwork{
 BOOL returnVal = NO;
 Reachability *reachablity = [Reachability reachabilityForInternetConnection];
 NetworkStatus status = [reachablity currentReachabilityStatus];
 switch (status) {
  case NotReachable:
   break;
  case ReachableViaWWAN:
   returnVal = YES;
   break;
  case ReachableViaWiFi:
   returnVal = YES;
   break;
  default:
   break;
 }
 return returnVal;
}
のメソッドを追加

バージョン3.5とiOS7の組み合わせではフレームワークの追加は必要無かった模様

コメント

このブログの人気の投稿

Swiftのコンパイルエラー寄せ集め

Swift2.2からSwift3.0への変換を行ってみて

AVAudioSession細かいことまとめ(late 2014)